業務内容

現場スタッフの声

制作技術部 カメラ 片野裕史

私は現在カメラチーフとしては『MUSICFAIR』『LOVE MUSIC』を担当しています。
その他には『FNS歌謡祭』『火曜サプライズ(ロケ部分)』『スカパーFULL CHORUS』『スカパーBAZOOKA高校生RAP選手権』など、主に歌番組、ライブ、バラエティーのロケなどを中心に担当しています。『MUSICFAIR』に関しましては、入社よりずっと続けている番組で、アシスタントから、チーフアシスタントになり、一カメラマンとして使ってもらえるようになり、今はチーフカメラとして、担当させていただく番組になりました。
一つのことを長く続けていくのは、ものすごく大変なことです。継続する事は頑張れば誰にでも出来る事かもしれませんが、継続することほど大切なことはありません。
最初からプロになれるものではありません。継続することで徐々に上達し結果的にプロになれるのだと、私はおもいます。
これからこの道を目指していく皆さん!
まずは、『やってみたい』という気持ちを大切に、この世界に飛び込んでみてください!

制作技術部 映像 青野敬大

私は現在ビデオエンジニア(VE)として『VS嵐』・『TOKIOカケル』などのスタジオ収録や、『Jリーグ大宮』といったスポーツ中継を主に担当しています。
VEと聞いて何の仕事か分からないという人が多いかと思います。VEは番組を成立させる為に必要な機材を準備してシステムを構築するのが主な業務です。例えば演者さんに映像を見せる為にモニターを用意して信号を送ったり、ディレクターやADが付けるインカムを準備したり、カメラ映像の色を調整したりと業務の幅は多岐に渡ります。
一見地味に思われがちですが、テレビの主役は映像です。
私達が何か一つでもミスをしてしまうと、どれだけカメラマンが面白い映像を撮ろうが音声が良い音を作ろうが全てが台無しになってしまいます。
常に信号を監視し、何かトラブルが発生した際には咄嗟の判断力や知識が求められます。責任の大きい仕事ではありますが、それだけに無事やり遂げた時の達成感は格別です。

制作技術部 照明 野原健也

フジテレビを中心に、報道・情報番組・バラエティ・ドラマ・イベント等の照明を担当しております。
一概に照明といっても、それぞれの分野における明かりは異なります。
幅広い分野において仕事が出来るのは、引き出しを増やし自分を育てる強みでもあります。
歌番組やドラマなどを演出する空間づくりに必要不可欠なものは照明です。
照明一つで印象はがらりと変わってしまいます。やみくもにたくさんのライトを使ったからといって、効果が出るわけでもなく、小さなライト一つでも、人物の顔に当てるだけで全く印象が変わってきます。
照明の仕事において大切なことは、日ごろから興味をもって太陽や月、光を発する光源となるものに目を当て、いろいろな季節の中で見てきた自然、情景を記憶していくことで、自分なりに再現することが出来ることだと思います。